※このページの使い方
このページでは、ダンスミュージックが試聴できるようになっています。
このページ内の
曲を聴いてみてくださいなどの部分をクリックすると右側のフレーム内に曲名がいくつか出てきますので、いずれかの曲名をクリックしてください。誰でもお聞きいただけるようにWMA形式にしてありますが、Windows Media Playerをお持ちでない場合は、でダウンロードしてください。また、曲名を右クリックしてファイルをダウンロードできます。






                                      


   Ballroom dance

 社交ダンス。数あるダンスの中で社交ダンスとは、カップルとして男女(時に競技会などでは女女ペアもありますが)が常に組んで踊るダンスのことです。


社交ダンスは、目的別に二種類に分類できます。ひとつは、誰でも気軽に踊れることを目的とするパーティーダンス。そしてもうひとつは、男女の調和と動きの美しさを追求して競い合う、スポーツ要素の強い競技ダンス

パーティーダンスの種目には様々なものがありますが、流行を反映して時代によって踊られる種目が変わっていくのではないでしょうか?20年近く前の社交ダンスブームの時には、ブルースジルバなどに加えてマンボなどが踊られていたようですが、今はサルサが流行っているようです。

             

競技ダンスの種目は10種目で、所謂テン・ダンスと呼ばれています。そして、10種目も、モダン種目とラテン種目の2種目に大別されます。


 ラテン種目                       
                                       

Latin American


ラテン種目は、ラテンアメリカンの国々で生まれた、ラテンの曲に合わせて踊るダンスです。ただし、ジャイブは、アメリカ生まれのスイング要素のダンスです。ホールドを常にクローズドにする必要のないところがモダン種目と最も違うところです。


CHA CHA CHA (チャチャチャ)

チャチャチャは、ワン、ツー、スリー、チャ・チャ・チャとカウントします。最後のチャが次のワンに当たります。実際に曲を聴いてみてください。カウント取れましたか?とにかく、ちょこまかちょこまか動くダンスです。

@の曲はオーソドックスですね。
Aは最近風です。


Samba (サンバ)

ブラジル生まれのサンバです。とっても明るくセクスィーです。サンバの曲はタン・タ・タンというサンバ調です。曲を聴いてみてくださいな。南国って感じがすごい強いです。


Rumba (ルンバ)

キューバで生まれた、スローなダンスです。ラテンダンスの基本とよく言われています。哀調な曲が多いですね。人生の喜びも悲しみもたくさん経験して、素敵なダンスを踊れるようになってくださいね。清濁併せ呑むと言うじゃないですか。そんな大人っぽいダンスです。曲を聴いてみてください。


Paso double (パソドブレ)

スペインの闘牛士の入場行進テーマ曲です。曲を聴いてみてください。@のEspana Cani(エスパーニャ・カーニ)はあまりにも有名です。闘牛士のイメージとフラメンコがミックスしたかっこいいダンスです。フラメンコタップや、アペルと言って床を踏み鳴らして踊ったりします。


JIVE (ジャイブ)

アメリカ生まれのダンスです。足をキックやフリックして踊ります。スイングダンスの要素が強く、切れのあるイーストコーストスイングや、滑らかな動きのウエストコーストスイングがあります。よくわからない人はロックンロールのイメージです。詳しくは、キングオブラテンのドニー・バーンズのビデオで勉強してください。曲をどうぞご視聴ください。@はオーソドックスな感じです。





モダン種目

  男性が燕尾服、女性がドレスを身にまとい、常にお互いに向き合ったホールドを崩さずに踊るダンスです。以下の5種目があります。


     Waltz (ワルツ)    

3拍子の曲に合わせて踊る優雅なダンスです。
拍子に合わせたジェットコースターのような波のある動きと、スピンなどの回転の動きを基本的な特徴としています。

     ワルツの曲を聴いてみましょう。

     Tango (タンゴ)

     スタッカートの利いた、切れのある、情熱的な踊りです。
男女の嫉妬のぶつかり合いなども表現されていると思います。
タンゴはアルゼンチン生まれの音楽で、社交ダンスではアルゼンチンタンゴをアレンジしたものになっています。

     タンゴの曲を聴いてみましょう。

     タンゴと言えば、@が最もポピュラーなのではないでしょうか?
     ヨー・ヨー・マのBもとても人気です。

ちなみに、"Saturday Night Fever"(サタデーナイトフィーバー)のジョン・トラボルタが練習場での練習シーンでパートナーに「タンゴハッスル知ってる?」と言って楽しそうに踊ってたのはフィーバー調の曲なのでタンゴではありません。

     Slow Foxtrot (スローフォックストロット)

ダンスの本場英国生まれの、スローペースな4拍子の曲に合わせて踊る、雄大な川の流れのように、
緩やかな波のような上下の動きを伴ってどこまでも前進していくような、
とても優雅なダンスです。
昔は下記のクイックステップと一緒になって4拍子の曲に合わせて踊るフォックストロットと呼ばれていました。
しかし、4拍子でもハイテンポな曲ですと、
曲が速すぎてスリーステップのような優雅なステップを楽しめないということで分けられたそうです。

スローフォックストロットで踊られる曲です。
@はシャンソンで有名な「枯葉」です。

          

       Quickstep (クイックステップ)

ハイテンポな4拍子の曲に合わせて踊る、活気のあるダンスです。
滑らかなベーシックの動きと共に、ホップやスキップ、キックなどを加えて
軽快にフロアーを駆け巡ります。
ワンステップチャールストンという踊りなどが起源になっているようです。

曲を聴いてみてください。
クイックステップと言えば、@がオーソドックスなのではないでしょうか?

     

      Vinnesse Waltz (ヴェニーズワルツ)

所謂、ウインナーワルツと呼ばれているものです。
宮廷舞踊の一つで、最も古い社交ダンスです。
宮廷舞踊と言っても、オーストリアの農民の踊りが起源だそうです。
早いテンポの3拍子の曲に合わせて、とにかくくるくるくるくる回っているダンスです。
クラシックでワルツといえば、早いものばかりなので、ウインナーワルツでないと対応できないですね。
だが、ウインナーワルツでもショパンの「子犬のワルツ」はかなり大変でしょう!

曲を聴いてみてください。
@はまさにクラシック




パーティーダンスのジルバはジャイブより簡単なもので、ジャイブの曲で踊れます。
ブルースは、スローフォックストロットよりも簡単なもので、スローフォックストロットの曲で踊れます。
サルサはサルサ調の曲で踊ります。
"Dance with me?"(ダンスウィズミー)や、"Salsa"(サルサ)などの映画を見てみてください。